メディカル・プリンシプル社【 民間医局 】ニュース民間医局コネクト「日本版ホスピタリストがつくる未来に選ばれる病院」を公開しました

「日本版ホスピタリストがつくる未来に選ばれる病院」を公開しました

Doctor’s Opinion「日本版ホスピタリストがつくる未来に選ばれる病院」

医療界の各分野のエキスパートがそれぞれの立場や視点から今の医療界へ提言する「Doctor’s Opinion」。
今回は、IMSグループ 医療法人社団 明芳会 板橋中央総合病院 院長/総合診療科 主任部長・加藤良太朗氏寄稿による「日本版ホスピタリストがつくる未来に選ばれる病院」を公開しました。

本編より
2019年2月3日に日米医学医療交流財団(以下、JANAMEF)は30周年記念式典を開催し、黒川清先生が「日本版ホスピタリスト宣言」を行った。私にもお話をする機会をいただき、日本版ホスピタリストを10年間で1万人育成することを目指したいと宣言した。

 日本版ホスピタリストとは、「病院のサービスを患者に最適化する」医師のことであり、転換期にある日本の医療にとっての処方箋となり得る。日本には病院が多いが病院当たりの医師数は少ない。そのほとんどが専門医であるため、診療領域は狭い。その上、専門医の数は患者数に対応しておらず、例えば糖尿病患者1000万人に対して、糖尿病専門医は2000人しかいない。結果として、病院経営も非効率的で、8000以上ある日本の病院の7割以上が赤字である。

この記事を読む(→民間医局コネクト)

お知らせ一覧