メディカル・プリンシプル社【 民間医局 】ニュース民間医局コネクト「ドイツ医師免許対策(1)問診の重要性」を公開しました

「ドイツ医師免許対策(1)問診の重要性」を公開しました

医師のワークスタイル
「ドイツ医師免許対策(1)問診の重要性」

現在、ドイツで外国人医師が医療活動を行うためには、医師免許(Approbation)または医師の労働許可(Berufserlaubnis)といった資格を取得する必要があります。これらの資格を取得するためには、Fachsprachprüfung(FSP)という試験に合格することが必須となります。
本稿では、ある程度のドイツ語(B2レベル)ができる医師を対象に、FSPの勉強の取っ掛かりになるような情報を提供していけたら、そして今後ドイツで医療活動を行うことを目標にしている先生方の一助になれば嬉しいです。

この記事を読む(→民間医局コネクト)

お知らせ一覧